会社概要

ごあいさつ

おかげさまで、鈴木栄光堂は2017年に創業140周年を迎えました。社歴だけ捉えると老舗菓子店となります。ただ、弊社は定番商品を繰り返し作ってきた安定した老舗ではありません。
 
尾張藩士であった鈴木亀三郎は、明治10年に羽島から大垣に移り鈴木栄光堂を起業しました。2代目伝七はゼリーの生産を始め、おまけつきキャラメルであるゼリコを発売し、菓子製造業として弊社の礎を築きました。3代目義春は中国、韓国、ハワイといった海外への輸出を始め、4代目(現会長)がおもちゃやぬいぐるみの輸入を始めるなど、常にその時代としては革新的な仕事を進めることで会社を継続させてきました。
 
その歴史は必ずしも安定的ではなかったかもしれませんが、これからも鈴木栄光堂は、お菓子を通じてお客様に新しい価値観をご提案させて頂くことで、成長していきたいと思います。
 
近年、人工知能がいろんな分野で人間の能力を上回るようになってきました。これからの10年でお菓子の流通は飛躍的に変化します。昔、お菓子はお菓子屋さんで売られていました。今はスーパーさんやコンビニさんで販売して頂いています。これからはネットで注文を頂き、ドローンで運ぶ時代になるかもしれません。時代の流れ・流通の変化があってもお客様に支持頂けるブランド作りが今当社に求められている最大の課題です。
 
企業は継続成長していくことが絶対に必要であるとするならば、当社は国内でのM&A、積極的な海外展開を行っていくことで菓子製造・流通業としてお客様・社員・取引先に満足して頂ける会社を目指していきたいと思います。今後ともご指導ご鞭宜しくお願い申し上げます。

Suzuki Yuzuru
CEO Suzuki Yuzuru

 

会社理念

  • 常に進取の精神を持ち、お客様に満足いただける商品を開発・提供します。
  • お菓子を通じて明るい豊かな社会づくりに貢献します。

会社概要

会社名 株式会社鈴木栄光堂
創業 明治10年
設立 昭和8年
資本金 5千万円
従業員数 128名(2018年4月1日現在)単体
270名(2018年4月1日現在)連結
売上高 69億8千万円(2018年3月期) 単体
79億7千万円(2018年3月期) 連結
代表取締役 鈴木 伝
事業内容 ・菓子製造業
・菓子卸売業
事業所 ・本社
〒503-0876 岐阜県大垣市俵町50番地
・大垣工場
〒503-0947 岐阜県大垣市浅草4丁目62番地
TEL:0584-87-3501  FAX:0584-88-1606
*岐阜県HACCP導入施設 認定番号2
・養老物流センター
〒503-1382 岐阜県養老郡養老町船附字下1178-1
TEL:0584-36-1561  FAX:0584-36-1564
・東京営業所
〒107-0061 東京都港区北青山2-7-24 青山光影ビル 102号室
TEL:03-6804-6311 FAX:03-6804-6312
・伊賀工場
〒519-1424 三重県伊賀市川東237-1
TEL:0595-45-5100  FAX:0595-45-5103
*伊賀工場ゼリー棟
 三重県食品の自主衛生管理認定制度 HACCP手法認定施設 認定番号 第15号
海外拠点 ・栄光堂(上海)食品有限公司
・EIKODO VIETNAM CO.,LTD(ベトナム)

沿革

1877年

大垣市俵町にて鈴木亀三郎が製菓業を創業

1912年

現社屋建築。ゼリーの製造を開始

1933年

会社設立。鈴木傳七が初代社長就任。資本金5万円

1935年

新館増設。ゼリコ飴製造

1939年

イチゴゼリーをハワイへ輸出

1948年

初代社長鈴木傳七が大垣商工会議所副会頭就任

1960年

初代社長鈴木傳七が永年にわたる菓子産業振興への功労を評価され第16回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞

1971年

ぬいぐるみ、おもちゃ等の輸入を開始

1976年

第三代社長に鈴木清次郎が就任

2004年

第二工場を新築(大垣市浅草町)

2006年

ISO9000認証取得

2008年

ISO14001認証取得

2008年

第4代社長に鈴木伝が就任

2008年

イーグル製菓株式会社を子会社化

2009年

養老物流センター新築

2011年

栄光堂(上海)食品有限公司設立(資本金200万元)

2014年

ゼリー工場を新設(三重県伊賀市)

2014年

EIKODO VIETNAM CO,.LTD 設立(資本金235万USD)

2015年

シャンボール株式会社を子会社化

2016年

株式会社東京どりいむを子会社化

2017年

株式会社千秋庵総本家を子会社化


company_image

 

 

 

品質方針

品質方針

  1. お客様の期待とニーズに応えることが、当社の(品質)本質である。
  2. 品質マネジメントシステムを構築し、これに満足せず、継続的に改善をする。
  3. 品質マネジメントシステムは、ISO9001:2015に適合している。
  4. 品質方針は、品質マネジメントシステム及び、当社製品づくりの基礎である。
  5. 品質方針をもとに、品質目標を設定し、全社一丸となり取り組む。
  6. 常にこの品質マネジメントシステムが有効に機能するように監視し、見直しを行なう。

 

環境方針

環境方針

 当社は、環境保護の重要性を認識し、環境負荷を低減し、全社員をあげて環境保護に努めます。達成のための重点項目は、以下の通りです。

  1. 省資源・省エネルギー活動の推進及び環境汚染の予防

     紙、電力、水、石油等の使用量の削減はもとより、不良低減、ムダの無い製造、ムダの無い商品管理を行なうこと等で、廃棄物削減及びリサイクルを最重要課題として、環境負荷の低減並びに環境汚染の予防に努めます。

  2. 環境関係法規制等の遵守

     関連する環境の法規・条例や業界規準等、当社が同意するその他の要求事項を遵守するとともに、近隣地域住民及び団体が進める環境保護活動に参画します。

  3. 環境マネジメントシステムの継続的な改善

     環境目的・目標を設定して、これを定期的に見直すとともに、その達成と内部環境監査等の実施により環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。

  4. 啓蒙活動の推進

     社内の環境活動体制及び指示書の整備はもとより、全社員への教育・訓練等により、社員一人一人が環境問題に対する意識を深め、具体的な行動を行っていくために啓蒙活動を推進します。

この環境方針は全社員に周知するとともに、社外に公表し、その達成に努めます。

 

セキュリティ方針

 株式会社鈴木栄光堂グループ(以下、「当社グループ」という)は、お菓子の卸・製造業を中核として、時代の変化を意識しながら、お客様に喜んでいただける商品作りに日々取り組んでまいりました。 今後も、お客様にご満足いただける製品・サービスを提供するために、情報化社会における情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、情報セキュリティ基本方針を定め、当社の情報セキュリティに対する取り組みの指針といたします。

  1. 適用範囲

    当該基本方針の適用範囲は、当社のすべての組織と業務に関わる情報資産、情報システムおよびそれを扱う役員、および従業員(社員、契約社員、パート・アルバイト、嘱託)、派遣社員とします。

  2. 法令、契約上の要求事項の遵守

    事業活動で利用する情報資産に関連する法令、規制、規範およびお客様との契約上のセキュリティ要求事項を遵守します。

  3. 対象者への教育の実施

    当社は、適用範囲の対象者に対し、本方針に基づく情報セキュリティの維持及び改善のために必要とされる知識・技術の教育を実施します。

  4. 方針の見直しおよび改善

     当社は、経営方針・事業内容の変更、社会的・技術的変化、法令等の変更に伴い、本方針を定期的に見直し、改善を行ってまいります。